ビジネスのための雑学知ったかぶり
ビジネスでも雑学は重要! 知っていると少しは役に立ったり、薀蓄を自慢できる話題をご紹介
プロフィール

RealWave

Author:RealWave
Twitterアカウントはrealwavebabaです。

馬場正博: 元IT屋で元ビジネスコンサルタント。今は「A Thinker(?)]というより横丁のご隠居さん。大手外資系のコンピューター会社で大規模システムの信頼性設計、技術戦略の策定、未来技術予測などを行う。転じたITソリューションの会社ではコンサルティング業務を中心に活動。コンサルティングで関係した業種、業務は多種多様。規模は零細から超大企業まで。進化論、宇宙論、心理学、IT、経営、歴史、経済と何でも語ります。

ご連絡はrealwaveconsulting@yahoo.co.jpまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お客様カウンター

Since 2009/10/21

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホロコーストはなかった
holocaust.jpg

連行されるユダヤ人

ホロコーストというのは言うまでもなく、第二次世界大戦中ナチスドイツが「組織的で十分に練り上げられたユダヤ人絶滅計画」に基づき、6百万人と推定されるユダヤ人を殺戮したことを指します。

恐るべき出来事ですが、6百万人という人数自身は5千万人以上におよぶ第二次世界大戦の犠牲者と比べて、必ずしも圧倒的なものではありません。大戦で戦勝国側になったソ連は2千万人以上の将兵、市民がドイツにより殺害されています。また、日中戦争では5百万から1千万人の中国人が犠牲になっています。

戦争状態でもないのに殺されてしまったということでは、ソ連のスターリンは30年の在職中に1億人程度の自国民を殺したと言われています。また、中国の毛沢東の時代には、人民裁判、大躍進政策による飢饉、文化大革命などを通じ1-2億人程度の中国人が犠牲になったと推定されています。

ホロコーストがそれ以外の大量殺戮と比べて際立っているのは、殺される理由が「ユダヤ人である」こと以外何も必要とせず、綿密なユダヤ人絶滅計画にしたがって、整然と殺害が実行されたことです。これに比べれば、スターリンや毛沢東はまだしも「反革命的」つまり「体制にとって危険」という論理がありました。

ユダヤ人はヨーロッパの各地にいましたが、組織的にナチスドイツに戦争を挑んだわけではありません。むしろ経済的な貢献によりドイツにとって本来は有益な存在のはずでした。科学技術の世界ではアインシュタインをはじめ、優れた学者、技術者が沢山いて、それらの人々が亡命や殺害により失われたことで、大きな損害を被ったはずです。

にもかかわらず、ユダヤ人の殺戮は徹底的に実行されました。ホロコースト以前、ヨーロッパには9百万人近いユダヤ人がいたと言われていますが、そのほぼ3分の2の6百万人が殺されたのです。ポーランドでは3百3十万人のユダヤ人の90%、3百万人が命を失いました。

ホロコーストを日本人が理解するのが難しいのは、なぜユダヤ人がそれほど嫌われたかということです。その前にユダヤ人とは一体何のかということ自身が日本人には、よくわかりません。

ユダヤ人とはもともとパレスチナ、現在のイスラエル付近に在住していた民族でした。しかし紀元前586年にバビロニアにユダ王国が滅ぼされた後は民族独自の国を持つことはありませんでした。そして約2千年前ローマ帝国に反乱を起こし、徹底的に弾圧され、ヨーロッパをはじめ世界の各地へと散らばっていきます。

世界のあちらこちらに移って2千年の時を経て、普通民族を他の民族と区別する外見的な特徴は失われていきます。ヨーロッパのユダヤ人は白人にしか見えません。細かく言えばドイツにいるユダヤ人はドイツ的な、フランスにいるユダヤ人はフランス人的な風貌を持つようになります。「民族の血」という点では、実質的な同化というより同一化が進んだのです。

ただ、「金髪で青い目」はアーリア人、ドイツ民族の大きな特徴とされ、ユダヤ人かどうか素性のはっきりしない場合、虐殺を免れたことはあったようです。しかし、ドイツ人にも黒い髪、茶色い目の人は沢山いますし、皆が皆、顎の張ったいかつい顔をしているわけでもありません。

ヨーロッパにいるユダヤ人が白人になったのと同様に、エチオピアのユダヤ人は黒人になりました。中国に移り住んだ開封のユダヤ人(中国のユダヤ人と新型戦闘機参照)の19世紀に撮影された写真を見ると、外見的には中国人にしか見えません。

民族を定義するとき、外見以上に重要な言語でも、ユダヤ人は独自の言語を使ってはいませんでした。現代のイスラエルで話されているヘブライ語は古代ヘブライ語から19世紀に改めて作り出されたものです。ヨーロッパのユダヤ人が日常語として話していたわけではありません。

結局ユダヤ人をユダヤ人たらしめているのはユダヤ教を信仰しているかどうかくらいしか残りません。しかし、実際にはキリスト教徒のユダヤ人もいます。ユダヤ教の信仰は必ずしも決定的なユダヤ人の定義とはならないのです。

外見的にも、宗教的にも、文化的にも、言語的にも何をとってもユダヤ人を明確に定義づけることはできません。少なくとも一般の日本人を納得させるような定義はないといっても良いでしょう。

しかし、ユダヤ人というものは明確に存在します。アメリカにはイスラエルの人口とほぼ同じ6百万人のユダヤ人がいるとされていますが、ユダヤ系のアメリカ人は、ユダヤ人であると周囲から認識されています。ついこの前まで(もしかすると今でもかもしれません)伝統を重んじる会社ではユダヤ人は一定のポジションまでしか昇進できないと言われていました。

政治の世界でもキッシンジャーなど有力なユダヤ系政治家は何人もいますが、ユダヤ系のアメリカ大統領はまだいません。学問の世界では最初のノーベル経済学賞を受賞したポール・サムエルソンがハーバーと大学ではなく、経済学では二流であったMITの教授になったのはユダヤ人だったからだと言われています。

アメリカがイスラエルの最大の支援者だということは周知のことですが、外見上全くの白人であるにもかかわらず、ユダヤ人はアメリカ社会である種の差別の対象になっていることは間違いありません。

ホロコーストからアメリカのユダヤ人に話がずれてしまいましたが、ナチスドイツがユダヤ人の絶滅計画を立てたとき、ユダヤ人を明確に識別、区別することは可能だったのは確かです。もちろん、ユダヤ人であることを誤魔化して虐殺を免れた人や、間違って殺害されてしまった人も沢山いたでしょうが、ホロコーストはほぼ正確にヨーロッパのユダヤ人を標的にし、殺戮してしまったのです。

ホロコーストでのユダヤ人の殺し方を見ると、他の大量虐殺は全く違って、殺すことを生産計画を実行するように精密に行っていたことがわかります。「ユダヤ人問題の最終的解決」と名づけられたホロコーストを実務的に実行したアイヒマンの仕事ぶりは、虐殺者というより生産管理の専門家のようです。
eichmann.jpg
アイヒマン

実際、アイヒマンは収容所へのユダヤ人の輸送(これが短期間では大変な仕事だったらしい)、ガス室の処理能力、死体からの有効成分の抽出などを淡々と計算し実行していきます。ホロコーストは残酷な殺人というより、最高度の知性が成し遂げた見事な効率化の実現と言って良いほどです。

このホロコーストは存在しなかった、6百万人が虐殺されたというのはたわ言に過ぎないと言う人たちがいます。ホロコースト否定論者(Holocaust Denier)です。

ホロコースト否定論者達は普通自分達のことをホロコースト否定論者とは言わず、ホロコースト修正論者(Holocaust Revisionist)であると主張します。ホロコースト否定論者が主張するホロコースト否定の根拠としてはたとえば次のようなものがあります。

・ 大量殺戮のためのガス室など存在せず、小さな殺虫用のものしかなかった
・ 大量の死体を焼却するようなエネルギーの無駄遣いは戦争中は不可能だった
・ 6百万人というユダヤ人の数は当時のヨーロッパに居住するユダヤ人の全数にほぼ匹敵し、そんなことは不可能だった。多くはべソ連、パレスチナ、アメリカなど海外への移住した
・ ホロコーストの証拠写真は反ナチスのプロパガンダのために捏造されたものだ

上のような主張は一つ一つ事実に基づく証拠で反駁可能ですが、ホロコースト否定論は当初はナチス自身、さらには主としてヨーロッパ各国の反ユダヤ人主義者などによって喧伝されてきました。

第二次世界大戦中、一般のドイツ人はホロコーストについては、「うすうす、何となく」存在を感じていただけのようです。ユダヤ人がまとめて収容所に送られていることは、大部分のドイツ人が知っていたはずですが、そこで機械的に殺されていたことまでは少なくとも明確には認識していなかったと思われます。いやかりにわかっていても「知らないふりをしたい」と考えていたのではないでしょうか。

最近ではイラン大統領のアフマディーネジャードがしばしばホロコーストに否定的な演説を行っています。ホロコースト否定論は反ユダヤ、反イスラエルの立場から今も主張され続けているのです。

ヨーロッパの多くの国ではホロコーストを公に否定することは罪に問われます。ドイツでは最長5年、チェコでは3年、フランスでは2年の実刑が科せられます。オーストリアでは最長では20年もの懲役になります。ただ、イギリス、ロシア、アメリカなどではホロコーストを否定しただけでは罪にはなりません。

ホロコースト否定論といえども、主張するだけなら言論の自由として許されるべきだという考えもあるわけですが、他の主張と異なりホロコーストは様々な観点、意見が水掛け論の様相を呈するよりは、「国家として断固事実として認識しているという立場を鮮明」にすべきだということなのでしょう。裏を返せば、それだけヨーロッパの人が持つホロコーストへの恐怖と、それを否定しようとする勢力の根深さがうかがえます。

平和な現代の日本から見れば、大量虐殺はどれも身の毛もよだつものばかりです。1990年代でもルワンダのフツ族によりツチ族が100万人以上虐殺されたルワンダ紛争が起きていますし、70年代にはカンボジアのポルポト政権が150万人におよぶ市民を殺害しました。

それでも、ホロコーストは狂気と綿密さ、徹底振りが共存したことを考えると一段と異常さが浮き彫りになります。そしてこれほど明白な事件でも否定しようという勢力が一定の影響力を持っていることにも驚かされます。私たち日本人にはホロコースト、そしてユダヤ人問題はなかなか理解できず、「何故」という思いがどうしても残ります。しかし、「何故?」と思う方が「理解」してしまうより、ずっとまっとうなのかもしれません。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
フェルミ推定
さらりと旧日本軍が殺した中国人の数を500万から1千万人と
書いてらっしゃいます。旧日本軍が中国まで運べた弾薬の数や
中国の人口密度から考えて不可能じゃないですか?
【2007/09/11 17:23】 URL | takahashi #- [ 編集]

フェルミ推定の中国人死亡者数への適用
Takahashiさんの切り口は面白いのですが、弾薬や輸送量の制限で中億人をそんなに殺せないだろうというのは、どのようなフェルミ推定なのでしょうか?物理的に殺すだけなら100万以上日本軍が駐留していたことを考えると簡単に思えるのですが。
【2007/09/11 20:23】 URL | RealWaveConsulting #- [ 編集]


あなたは在日の方ですか?
【2012/07/12 06:51】 URL | 匿名 #- [ 編集]

この匿名野郎は最低だ! 恥を知れ!
 ま~ 病気なのかもしれませんが。
【2012/07/12 18:57】 URL | 桃栗 #- [ 編集]


戦勝国が勝手に発表したプロパガンダの数字をそのまま信じてはいけませんよ
特に中国は自国民を虐殺して日本のせいにします
【2013/03/19 03:48】 URL | 匿名 #/02qLiNA [ 編集]


なんだかユダヤ人が従軍慰安婦的捏造民族にみえてきたこの頃。

収容施設には収容者用の娯楽プールがあり、飛び込み台までついていた。これは現代ツアーで行く施設見学のコースには含まれていない。
なぜ機械的に殺戮する施設にプールなんかがあるのだろう?
【2013/11/08 15:47】 URL | 名無し #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realwave.blog70.fc2.com/tb.php/109-f731d414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。