ビジネスのための雑学知ったかぶり
ビジネスでも雑学は重要! 知っていると少しは役に立ったり、薀蓄を自慢できる話題をご紹介
プロフィール

RealWave

Author:RealWave
Twitterアカウントはrealwavebabaです。

馬場正博: 元IT屋で元ビジネスコンサルタント。今は「A Thinker(?)]というより横丁のご隠居さん。大手外資系のコンピューター会社で大規模システムの信頼性設計、技術戦略の策定、未来技術予測などを行う。転じたITソリューションの会社ではコンサルティング業務を中心に活動。コンサルティングで関係した業種、業務は多種多様。規模は零細から超大企業まで。進化論、宇宙論、心理学、IT、経営、歴史、経済と何でも語ります。

ご連絡はrealwaveconsulting@yahoo.co.jpまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お客様カウンター

Since 2009/10/21

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本にとって太平洋戦争とは何だったのだろうか (アンソロジー)
終戦
終戦の日皇居で天皇に詫びる日本人

日本にとっての第2次世界大戦、太平洋戦争での日本の正当性については、侵略戦争だったのか、アメリカに無理矢理しかけられたものなのか、意見は分かれます。しかし、無駄で勝てる戦争ではなかったという点では比較的見方は一致していると思います。

しかし、以下のような話は、少し常識とは違うかもしれません。

1) 日本の被害は甚大だったが、ソ連やドイツ、あるいは第1次世界大戦のイギリスやフランスと比べても軽微だった
2) 日本の無条件降伏は陸軍兵力の主力が残存している段階で実行された珍しい例だ
3) 日本は情報戦や、戦略の弱さで負けたという考えは枝葉末節にこだわった愚論で、物量に負けたという単純な見方が正しい。間違いは物量が決定的になるような海戦主体の戦争を行ったことだ
4) 「自決の命令書がない」から、自決は個人の意思だというのは、自決という言葉の矛盾だ
5) ドイツには白洲次郎のような人間が無数にいた
6) 南京事件や慰安婦問題は中国、韓国の主張は数字的には間違っているが、でたらめと言い切りことは難しい

振り返ると、太平洋戦争に関連して、ずいぶん沢山の記事を書いてきました。、「ビジネス」を考える前に日本人そのものを考えるとき、私にとって太平洋戦争はやはり避けては通れない問題なのでしょう。

関連記事:
「失敗の本質」は「敗戦の本質」?
ヴィッケルトと白洲次郎
従軍慰安婦問題をフェルミ推定で解くと
アメリカ下院本会議で慰安婦決議案可決
サラリーマンのニューギニア戦
原爆投下
南京事件という物語
ホロコーストはなかった
沖縄戦の集団自決に軍の強制はあったのか
櫻井よしこ 反中論の論理と非論理
アメリカ軍基地は本当に必要?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

 こんばんわインターネットの時代に巡り合った幸福をこのようノブログを拝見するたびに感じています。
太平洋戦争は、あまりに迂遠すぎる見方になりますが、「人口問題」いきつくと思います。
有り余る数の若者を抱えて経済の運営に失敗したら「国民を食わせるためには侵略しかない」と考えるのは当時としては、後ろめたさがあるにしても当然ではないでしょうか?
何しろ国境の確定していない広大な土地があり、容易に侵略できたのですから。
「子だくさんによる貧乏を耐え忍ぶか(フィリピンのように)侵略して、農地を得るか」ということになれば、当時の日本人の決断は明らかだったと思います。
【2008/06/09 23:33】 URL | クラウド #- [ 編集]


いつもかんがえさせられます。
ただしの冒頭に載せてある写真(皇居でわびる日本人)は、はずしたほうがいいとおもいます。すこし資料をしらべれば、おわかりだとおもいますが、あれは新聞社のやらせ写真です。たしか終戦の数日前に、皇居に来た訪問団にたのんで写真を撮ったとのっています。
文芸春情の戦争に関する本(題名わすれた。)にもそのようにきさいされていました。
星真一のエッセイで、皇居に行ったけどがらんとしていて、あとからあの写真を見て驚いたと書いてありました。
【2010/10/05 09:55】 URL | 宍倉司朗 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realwave.blog70.fc2.com/tb.php/151-d96f28ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。