ビジネスのための雑学知ったかぶり
ビジネスでも雑学は重要! 知っていると少しは役に立ったり、薀蓄を自慢できる話題をご紹介
プロフィール

RealWave

Author:RealWave
Twitterアカウントはrealwavebabaです。

馬場正博: 元IT屋で元ビジネスコンサルタント。今は「A Thinker(?)]というより横丁のご隠居さん。大手外資系のコンピューター会社で大規模システムの信頼性設計、技術戦略の策定、未来技術予測などを行う。転じたITソリューションの会社ではコンサルティング業務を中心に活動。コンサルティングで関係した業種、業務は多種多様。規模は零細から超大企業まで。進化論、宇宙論、心理学、IT、経営、歴史、経済と何でも語ります。

ご連絡はrealwaveconsulting@yahoo.co.jpまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お客様カウンター

Since 2009/10/21

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒットラーはなぜスイスを侵略しなかったか
hitler1.jpg

大きななぞ

第二次世界大戦でスイスがナチスドイツの侵略を受けなかった理由については、様々な議論があり、大きななぞの一つとされています。 特に日本では過去に、憲法九条を擁護する立場から「永世中立」による平和主義こそ戦争に巻き込まれなかった理由とする意見と、逆に「国民皆兵の強力な軍事力が平和を守った」とする反対の意見がありました。

スイスは永世中立国として知られています。スイスの永世中立国としての地位は、1815年のウィーン会議で国際的に認められました。しかし、中立がドイツの侵略を防ぐ、決定的に有効な手段だったというのは無理があります。事実、オランダとベルギーは中立を宣言していたにもかかわらず、ドイツがフランスを攻め込む経路として真っ先に占領されてしまいました。

一方、強力な軍事力がドイツが侵略をする気持ちを挫いたというのも、全面的に真実とは言いがたいものがあります。何しろ、ドイツは第2次世界大戦で、ソ連とアメリカそれにイギリスを同時に敵に回して戦いました。

スイスはギザン将軍の指導のもと、国民の2割に相当する80万人以上の兵力を動員していましたが、ドイツは圧倒的に優勢な数百万の軍団を動かすことが出来ました。必要となれば攻め込んできたでしょう。

また、スイスがドイツに攻め込まれた場合、ドイツから南北を貫いてイタリアとつなげるトンネルを破壊する決意があったからだとする説もあります。ブラフとして多少の効果はあったかもしれませんが、いくら何でもトンネルの爆破を怖がって、破壊の極致のような戦争ができるはずがありません。

さらに、スイスが焦土作戦として破壊しようと考えていたものとして、スイスの工業力があったとも言われています。スイスの高度な工業力はドイツの戦争遂行に役に立つ製品を大量に生産していました。

しかし、工場設備の多くが爆撃で破壊された大戦末期ならともかく、ドイツ自身も高い工業力を持っていました。焦土作戦がドイツの侵略を思いとどまらせたというのも、それほどの説得力はありません。

タンネンバウム作戦

少なくともドイツはスイス侵略の真剣な検討を行ったことがあるのは事実です。1940年6月、フランスがドイツに降伏して直ちに、ドイツの参謀本部はタンネンバウム作戦と呼ばれる、スイス侵攻作戦の策定を開始しました(正確にはタンネンバウム作戦はその第3版)。

スイスは多言語国家ですが、人口の70%近くはドイツ語を母国語としています。民族的にはドイツ人に近いと考えられていますが、ヒットラーはスイス人を「卑しい、最低のやつら」と言って常々スイスに対する軽蔑心を露にしていました。ところが、ヒットラーはついにタンネンバウム作戦の実行を指示しませんでした。

タンネンバウム作戦の作られた翌1941年、ナチスドイツは独ソ不可侵条約を結んでいたソ連に対し、突然大軍による進撃を開始します。バルバロッサ作戦が始動したのです。恐らく、対ソ戦の開始でドイツ軍が十分な兵力をスイスに割くことができなくなった時点で、タンネンバウム作戦は放棄せざる得なかったのでしょう。

スイスはドイツが侵略してきた場合は、徹底的に戦うことを明らかにしていました。それは単なる張ったりではなかったはずです。平坦なオランダやベルギーと比べるとスイスは狭小ですが山岳地帯にあり、ゲリラ戦を継続することは可能だったでしょう。強力なドイツ軍も気楽には手を出すことは出来なかったのです。

ドイツにとってのスイスの価値

侵略をあきらめてしまえば、スイスはドイツにとって価値のある存在でした。スイスは現在にいたる国際銀行決済システムBISの本部のある場所です。ナチスドイツの金はスイスを窓口として貿易決済に使われ、ドイツの戦争継続を助けました。

さらに、スイスはナチスの財産を秘匿することにも役立ちました。スイスの銀行の秘密主義は戦後もナチスの戦争犯罪者たちの財産を守ったのです。ただし、スイスはユダヤ人の財産の秘密も守りました。執拗なドイツの要求にもかかわらず、ユダヤ人(その多くはホロコーストで殺されてしまったのですが)の財産はドイツに手渡されることはありませんでした(ただし、スイスの銀行はユダヤ人の財産をネコババしたこともあったようです。戦後スイスの銀行に対しユダヤ人が預金の返還を求める裁判を起こすなど、事実は一様ではありません)。

スイスはユダヤ人の難民を何万人も受け入れましたし(ただし、それ以上に多数のユダヤ難民の受入を拒否もしました)、1,700人におよぶ撃墜されたアメリカ人パイロットも助けました。中立は看板だけではなかったと言えるでしょう。けれでも、ドイツの侵略を避けるために行ったスイスのナチスドイツへの協力は、名誉と言えるようなものではありませんでした。ナチの金とスイスの関係は、戦後繰り返し非難されることになります。

それでも、スイスはドイツ空軍が領空を飛ぶことを武力を行使してまで、許しませんでした。経済的な協力はしても、軍事的な協力は拒否し続けたのです。強大なナチスドイツの軍事力や、残酷な占領政策を考えれば、それは勇気のある判断と言って良いでしょう。小さな国の中立主義は国民の強い意志で貫かれたのです。

国連加盟と食料備蓄

スイスは何度かの国民投票での否決のあと、2002年の投票で、ようやく国連に加盟を決定します。それも賛成が55%、反対が45%というきわどいものでした。第2次世界大戦で中立を通したスイス国民から見れば、英語で国連を意味するUnited Nationsはドイツ、日本、イタリアの枢軸国と対峙した、もとの「連合国」という意味しかなかったようです。

それと比べるとUnited Nationsを国連と訳し直した日本が、国連を世界平和の象徴とありがたがったこととの距離は大きいと言えます。国連には敵国条項とよばれるものがあり、ルール上国連加盟国がドイツ、日本などの旧枢軸国を国連の承認なしで攻撃することが許されています。敵国条項は国連が「連合国」であることの紛れもない名残りですが、それを気にする日本人は多くはありません。

しかし今となっては、一見お気楽な日本的な国連解釈のほうが、国連加盟は連合国の一員になることだというスイス人の意識より、ずっとまっとうなものでしょう。スイス人が国連加盟はすなわち連合国の一員となるというのは、聖書の話を全て真実と考えるのと同じようなものです。敵国条項も死文であることは、人間はアダムとイブの子孫ではないのと同程度に自明のことです。

スイスでは備蓄した古い小麦でパンを作るので、スイスのパンはまずいという話があります。溶かしたチーズにパンを浸して食べるスイス名物のチーズフォンデュは、パンのまずさをカバーするために作ったという話もあります。

スイスが食料を備蓄しているのは本当で、政府だけでなく、一般家庭でも2ヶ月程度の食料の備蓄を奨励されています。スイス政府は国民一人当たり2,300kcalの食料を6ヶ月供給できる在庫を確保することが義務付けられています。

スイスの食料自給率は日本と同様(食料自給率の愚)低いのですが、狭小で山だらけの国土を考えるといたし方ないでしょう。しかし、第2次世界大戦中はドイツに食料補給を押さえられ、戦前一人当たり3,100 kcalの補給が大戦末期には1,800 kcalまで落ち込みました。

ドイツはスイス侵略をあきらめていたわけですから、これはスイスを兵糧攻めにしようとしたからではないでしょう。ドイツもそれ以上に食料危機に陥っていたのです。もし日本の食料自給率の低さを「有事」に対する備えという意味で心配しているのなら、スイスのように備蓄を考えるしかないでしょう。日本はどんなに頑張っても肥料や農機具の燃料の元を石油に頼っている以上、最終成果物の農産物が自給できても意味がないからです。

鳩時計そして日本は何を学ぶべきか

スイスと日本はほとんど正反対と言っても良いほど違う国です。ヨーロッパの真ん中に位置するスイスと、海で囲まれた日本では、防衛の切実感は全く違います。人口が日本の20分の一しかないスイスでは4つの言語が使われ、一定以上の教育のあるスイス人はほとんど流暢な英語を話します。

その一方で、山が多い狭い国土で、資源や食料を輸入に頼らなければならないという点では日本と同様とも言えます。もっとも資源を他国に依存しなければいけないのは、ほとんど世界中全ての国が同じです。アメリカでさえ原油を日本以上に大量に輸入しているのです。

真面目に「有事」を考えるなら、食料自給率の向上や、資源確保で騒ぎまくるのではなく、スイスのように備蓄を行う方が現実的です。もちろんこれは莫大なコストがかかります。穀物を安定的に保存する大変さは、「事故米」事件でも明らかになった通りです。

覚えている人はあまりいないでしょうが、戦後日本は「アジアのスイスになれ」と言われたことがあります。最初に書いたように永世中立だけで、平和が守られたわけではありません。

かと言って、必死に武装したことがナチスドイツをはねつけたとも言えません。フランス攻撃の通路だった、オランダ、ベルギーと違って、スイスの周りは枢軸国と、降伏したフランスでした。スイスの地理上の戦略的重要性は低かったのです。

攻め落としても大して意味がないとなると、精一杯の武装はそれなりに効果があったのでしょう。中立国としての立場も、海外貿易の窓口としての意味がありました。銀行の秘密主義は腹立たしいこともあったでしょうが、ナチスの高官にとって敗戦後の備えて財産を秘匿する役割を期待できました。

スイスは中立を守り、戦争に巻き込まれなかったことで、もちろん大きな果実を得ました。ナチの金の取扱を含め、中立国として貿易を行うことで、スイスは大きな利益を上げました。何より、戦争をしなかったことで人的被害も、戦災も被らずに済みました。ドイツやソ連は国民の20%程度を失ってしまったのです。

スイスが中立を貫けたのは、多くの幸運もありましたが、必死の努力の賜物でした。それは中立原理主義と言っても良いかもしれません。しかし、世間はスイスの必死の中立維持の努力に必ずしも好意的なばかりではありません。

オーソン・ウェルズは映画「第三の男」の有名な科白で言っています。「イタリアではボルジア家三十年の血の圧政の下に、ミケランジェロ、ダヴィンチそしてルネッサンスを生んだ。スイスの五百年の同胞愛と平和と民主主義は何を生んだか。鳩時計さ!」
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
スイスという国土世間は
スイスという土地はルソーやヒルティを生みましたね。
ヴォルテールやフランス革命を生んだフランスでさえ、ナチスドイツには勝てませんでした。
スイスにあって、フランスになかったものは人の本然に根差したものではないでしょうか?
ヴォルテールは悟性的アプローチで革命(人間の独立)を助けましたが、ルソーは直観的な感覚で人の独立性を捉えています。
はたまたユングという無意識を発見した心理学者を生んだ国土でもあります。
【2016/05/08 20:43】 URL | まっちゃ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realwave.blog70.fc2.com/tb.php/166-218dbf51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。