ビジネスのための雑学知ったかぶり
ビジネスでも雑学は重要! 知っていると少しは役に立ったり、薀蓄を自慢できる話題をご紹介
プロフィール

RealWave

Author:RealWave
Twitterアカウントはrealwavebabaです。

馬場正博: 元IT屋で元ビジネスコンサルタント。今は「A Thinker(?)]というより横丁のご隠居さん。大手外資系のコンピューター会社で大規模システムの信頼性設計、技術戦略の策定、未来技術予測などを行う。転じたITソリューションの会社ではコンサルティング業務を中心に活動。コンサルティングで関係した業種、業務は多種多様。規模は零細から超大企業まで。進化論、宇宙論、心理学、IT、経営、歴史、経済と何でも語ります。

ご連絡はrealwaveconsulting@yahoo.co.jpまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お客様カウンター

Since 2009/10/21

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初で最後のマスターズ?
この記事を書いたときは、石川遼を騒ぎすぎるマスコミへの警鐘の意味も込めて、現実は厳しいことを述べたのですが、その厳しい現実に打ち破って、石川はサン・クロレラ クラシックで今季2勝をあげました。賞金ランキングは現時点(2009・08・03)で1位、ワールドランキングもマスターズ参加資格の50位に後一歩に迫りそうです。

ここまでくれば、もう立派な一流プロゴルファーなのは間違いなく、たとえ来年のマスターズに出られなくても、将来いくらでもチャンスがありそうです。飛距離も海外一流プロに引けを取らず、若いころから潰されることもなく経験を積み続けていることを考えると、初めてメジャーに勝てそうな日本人選手が出てきました。

少し図々しいかもしれませんが、自分の眼力がなかったというより、石川遼の成長がそれだけ目覚ましいと言ってよいと思います。このコメントが、「またも気が早すぎた」ということがないことを祈っています。

石川遼

マスターズの招待状を見せる石川遼

ゴルフに興味のない人にはどうでもよいことかもしれませんが、2009年のマスターズに日本から17歳の石川遼が出場しました。マスターズは言うまでもなく、ゴルフの4大大会の一つで、その中でもテニスのウィンブルドンのような独特の格式を持っています。マスターズに「出場」する約100人の一人になることは、はゴルファーにとって最高の名誉であり、あこがれです。

石川遼はわずか17歳という若さで、そのマスターズに出場しましたが、結果は前半2日を6オーバーで終わり、後半2日のプレーに進むために約半数が振り落とされる予選を通過することはできませんでした。それでも17歳の初出場としては決して恥ずかしいものではありませんし、ドライバーなどは日本人選手として例外的に参加プレーヤーの平均を上回る飛距離を打ち、この若者にまぎれもなく天才的な資質があることをうかがわせるものでした。

スポーツの世界で有望な選手が現れた時は、誰でも注目するものですが、石川遼の場合はアマチュア時代、日本のプロゴルフトーナメントで16歳という史上最年少で優勝したという衝撃的な登場と、「はにかみ王子」とあだ名をつけられたような甘いマスクで、圧倒的な人気があります。昨年石川はプロに転向し、その年に日本の賞金ランキングで5位となりました。プロゴルファーとして、17歳になるかならないうちに、一流の地位を獲得したわけです。石川遼のおかげで、低迷を続けていた日本男子プロの人気は、大きく回復することができました。

その石川遼が世界最高峰のマスターズに出場したわけですから、マスコミが大いに盛り上がったことは当然です。さすがに優勝の可能性を取りざたしたものは、あまりありませんでしたが、同じくマスターズに出場した。日本の賞金王の片山晋呉や、アメリカのPGA(プロゴルフのトーナメントシリーズ)で上位を獲得して選出された今田竜二そっちのけで、石川が話題の中心になりました。

それはそれで、とやかく言う筋合いのものではないのですが、石川の予選通過ができなかったことに「若い石川には、これからいくらでもチャンスがあるから」というコメントが多かったのは、ちょっと気になりました。なぜなら、マスターズに出場するというのは、決して簡単なことではないからです。

マスターズに参加資格は、過去のマスターズの優勝者全員という特殊なものはありますが、前年度のマスターズ16位以内、PGA(アメリカのプロゴルフトーナメント)の賞金ランキング30位以内など、通常はその時の最高のプレーヤーだけが出場を許されるものです。アメリカPGAを主戦場にしている今田はもちろんですし、片山も日本の賞金王という肩書に加え、世界ランキング39位の資格で選ばれました。

その中で石川は、日本選手が比較的有利に評価さえる世界ランキングで64位と、参加資格の一つの50位以内にかなり近かったことと、何と言っても17歳という若さの話題性が、マスターズの宣伝になるという価値を認めらて選ばれました。マスターズ実行委員会のかなり政治的、マーケティング的判断と言ってよいでしょう。

それでは来年はどうでしょうか。石川はアメリカでプレーをあまりしませんが、アメリカPGAの正式のトーナメントで優勝することが一度でもあれば出場資格を得ることができます。しかし、これは日本のトッププロでアメリカで10年近く戦った丸山茂樹が3回優勝したのが、日本人として最高の成績であることからわかるように、容易なものではありません。丸山以外でPGAで優勝したことがあるのは、青木功と今年マスターズに参加した今田竜二が、それぞれ1回づつだけなのです。

唯一可能性がありそうなのは世界ゴルフランキングでの50位以内ですが、今のところそれに日本で該当するのは片山だけです。石川が50位以内を獲得しようとすると、日本のゴルフトーナメントで、少なくとも賞金王を争うくらいの位置に付けていなくてはいけません。こうして考えると、来年再び石川がマスターズに参加できる確率は10パーセントかせいぜい20パーセントでしょう。

それどころか、将来石川が再びマスターズに出場できる確率は、贔屓目に見て半分もないでしょう。つまり今年が石川遼にとって、マスターズの最初で最後の戦いになる可能性は、相当高いというのが本当のところと考えられます。これは別に意地悪とかひねくれた見方ではなく、マスターズの参加資格と過去の日本からの出場者を考えると、常識的なものだと思います。

今年、石川遼がマスターズに出場できたのは、野球で言えば甲子園で優勝してドラフ1位に選ばれた高校生選手が、いきなりメイジャーリーグのオールスターに選ばれたようなものです。そのメージャーリーグのオールスターも常連の日本人選手はイチローくらいで、松坂はまだ選ばれたことはありませんし、松井秀喜も日本からの組織票に支えられて二度出場しただけです。マスターズに出場できるのは、それと同じように大変なことです(全世界から選手を選ぶことも考えると、ずっと難しいかもしれません)。

石川遼の登場の仕方は非常にセンセーショナルなものでしたし、うまく素質を伸ばすことができれば、日本人として初めて本当に世界のトッププレーヤーになれるかもしれません(今田、片山の飛距離では残念ながら難しいでしょう)。しかし、話題性だけで楽観的な予想を振り撒き、少し不調になると見向きもせずに使い捨てにされるようなことがあれば、ずいぶん気の毒なことだと思います。楽しめばいいというスポーツ観戦ですが、マスコミも少しはクールになることも必要だと思いますが・・・・。

ゴルフの記事:LPGAが英語を義務化
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

松井秀喜は確かに日本の組織票的なものに支えられたかも知れないが、最初はともかく二回目のオールスターは別に選ばれても不思議はなかった。一回目とは違って成績もそれなりに残していたはず、32番目の男としては別に選ばれても不思議はなかったはず。実力以外の所だけで選ばれたわけではない。
【2009/04/16 06:57】 URL | ゴーゴー #7mMAsnQY [ 編集]

Re: タイトルなし
松井秀喜の2回目のオールスター選出が組織票頼みというのは多少とばっちり気味だったかもしれません。松井秀喜は日本で一流、アメリカで一流半という実力でしょうが、それでも日本は相対的に世界との比較して野球の方がゴルフより優位にあるので、石川遼が松井秀喜並みになるのは大変でしょうね。

> 松井秀喜は確かに日本の組織票的なものに支えられたかも知れないが、最初はともかく二回目のオールスターは別に選ばれても不思議はなかった。一回目とは違って成績もそれなりに残していたはず、32番目の男としては別に選ばれても不思議はなかったはず。実力以外の所だけで選ばれたわけではない。
【2009/04/16 23:23】 URL | RealWave Consulting代表  #- [ 編集]


私は実家がゴルフ用品店で親父はプロアマのオープンにちょくちょく出てましたが、今回の記事に関しては全くその通りだと思います。ちなみに私は柔道してましたがので柔道について一言言わせて頂きます。日本の大多数の人は、柔道は日本が本家だから勝って当たり前と思ってると思いますが、柔道は世界のスポーツの中で、もっとも競技人口の多いものの一つで、例えばフランスなんかは日本の3倍ぐらい競技人口がいます。
野球は東アジアと南北アメリカの一部でしか行われていませんが、柔道はヨーロッパでも非常にメジャーなスポーツですので、もう少し国内でも評価されても良いのではないかと思っています。
また自転車競技もヨーロッパでは盛んなので、ヨーロッパの最高級ホテルのスウィートに予約なしで泊まれる日本人は天皇陛下と中野浩一ぐらいというような話もあります。
【2009/04/17 23:55】 URL | ひがし #upzlK/jY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realwave.blog70.fc2.com/tb.php/180-980fc792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西方凌 北野誠 東方神起 EXILE 嵐 IMALU 佐藤健 山田孝之 梨花 イチロー 武豊 安藤美姫 小松則幸 石川遼 ダルビッシュ有 キム・ヨナ 高橋大輔 石井琢朗

芸能人 ブログ 芸能人 プリクラ 芸能人 噂 芸能人 画像 創価学会 芸能人 芸能人ランキング アダルトチルドレン 芸能人 芸能人 誕生日 アメブロ 芸... sweetgeinou【2009/04/18 19:50】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。