ビジネスのための雑学知ったかぶり
ビジネスでも雑学は重要! 知っていると少しは役に立ったり、薀蓄を自慢できる話題をご紹介
プロフィール

RealWave

Author:RealWave
Twitterアカウントはrealwavebabaです。

馬場正博: 元IT屋で元ビジネスコンサルタント。今は「A Thinker(?)]というより横丁のご隠居さん。大手外資系のコンピューター会社で大規模システムの信頼性設計、技術戦略の策定、未来技術予測などを行う。転じたITソリューションの会社ではコンサルティング業務を中心に活動。コンサルティングで関係した業種、業務は多種多様。規模は零細から超大企業まで。進化論、宇宙論、心理学、IT、経営、歴史、経済と何でも語ります。

ご連絡はrealwaveconsulting@yahoo.co.jpまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お客様カウンター

Since 2009/10/21

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランドと北海道 (続き)
cac089fe592e9ad93d51936b67c60bb7.jpg
 薄野の町

前項
東京と格差が拡大する地方を活性化させる方法として、伝統的な手法は公共事業による資金の投入です。この公共事業によって、東京と地方の格差を解消するという政策を構造として確立したのは70年代初めの田中政権のときのことです。 それ以前、戦後の荒廃した日本を復興させるために、まず取られた政策は、特定産業に資源を集中させる傾斜生産方式と、それと軌を一にした、東京への一極集中でした。

東京への一極集中策の頂点となったのは1964年に開催された東京オリンピックです。東京オリンピックに向け首都高速道路を始め、東京は大改造を受けました。そして、東京の道路や地下鉄、ビルの建設現場で働いていた人の多くは、地方からの出稼ぎ労働者だったのです。泥水につかりながら、殆ど命がけのような劣悪な労働環境で働いても、できあがるのは故郷ではなく東京を飾るための建造物だったというのが、当時の現実でした。

1964年の東京オリンピック、1970年の大阪万国博覧会を経て、復興から経済大国へと変身した日本の繁栄を、地方にも広げようというのが田中角栄のビジョンでした。しかし、田中角栄は土建屋政権と言われたように、地方への金と仕事の還流を、公共事業という形で行う発想しか持っていませんでした。また、地方の側でも、与えられた資金に見合って即座に提供できるのは、技術力の低い下請け建設業と建設労働者しかありませんでした。

つまり、公共事業というのは一時的に経済を活性化させる失業対策事業という本質を持っていたのです。失業対策事業自身は誤った政策ではないでしょう。問題は失業対策事業に依存し、他の産業を育成するより公共事業への依存度をますます高めてしまったことにあります。そして、その傾向は90年代のバブル経済の崩壊と、円高による製造業の海外進出で一層強まっていったのです。

傾斜生産方式、東京への一極集中は終戦から大阪万博まで概ね25年続きましたが、田中角栄の公共事業の地方展開政策も90年代半ばまで四半世紀続きました。 しかしバブル崩壊で一時的に公共投資のへの依存度はさらに増加しましたが、財政の逼迫から公共事業への支出削減は避けられないものとなってきました。この流れを決定的にしたのが小泉政権の構造改革です。構造改革という言葉は曖昧な部分も多く、定義も一定ではありませんが、田中政権以来の公共事業をパイプにして地方へ資金を流すという25年続いた政策を終わらせるという点では明確な方向性があったと言えます。

東京への一極集中政策と、地方への公共事業への呼び込みは資金の流れは逆ですが、就労という点では出稼ぎが地元での仕事に変わったに過ぎません。個人生活から見ると意義深いものがありますが、地方に求められていたのは付加価値の低い労働力の提供に過ぎません。戦後50年の経済際策は地方の真の競争力育成という意味では、実りは非常に小さなものだったのです。地方が魅力と競争力のある産業を持ち、それによって雇用機会を提供するには単に資金を提供するだけでは駄目だったのです。 (続く
スポンサーサイト

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realwave.blog70.fc2.com/tb.php/21-bba8accb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。