ビジネスのための雑学知ったかぶり
ビジネスでも雑学は重要! 知っていると少しは役に立ったり、薀蓄を自慢できる話題をご紹介
プロフィール

RealWave

Author:RealWave
Twitterアカウントはrealwavebabaです。

馬場正博: 元IT屋で元ビジネスコンサルタント。今は「A Thinker(?)]というより横丁のご隠居さん。大手外資系のコンピューター会社で大規模システムの信頼性設計、技術戦略の策定、未来技術予測などを行う。転じたITソリューションの会社ではコンサルティング業務を中心に活動。コンサルティングで関係した業種、業務は多種多様。規模は零細から超大企業まで。進化論、宇宙論、心理学、IT、経営、歴史、経済と何でも語ります。

ご連絡はrealwaveconsulting@yahoo.co.jpまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お客様カウンター

Since 2009/10/21

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリーとキリンの合併交渉が決裂
サントリーとキリンとの統合が中止になったことが発表されました。当ブログではサントリーをキリンに売却する創業者一族という記事で、三菱グループがサントリーの創業者一族に大きな影響力を残したままで三菱グループの中核企業の一つのキリンのと合併を認めるはずがないだろうということから、逆にこれは将来戦略に限界を感じたサントリーの佐治信忠社長が、サントリーを実質的に三菱グループに売り渡したものだと書きました。

サントリーの創業者一族がサントリーの経営から離れる覚悟がない限り合併はありえない、という立場から書いた記事ですが、結局佐治信忠社長はサントリーを売ってしまうことはできなかったようです。記事ではサントリーがウィスキー需要の低迷で厳しい立場に立たされていることを指摘しましたが、この現状は変わったわけではありません。サントリーはキリン以外との積極的なM&Aを成功させていかない限り、将来は明るくないでしょう。

追記:サントリーをキリンに売却する創業者一族のコメント欄に書いたものをご紹介しておきます。キリン主導を拒否しては合併交渉がうまくいくはずはありません。

「持ち株から計算して、今のままでは統合後サントリー+キリンの圧倒的最大株主は創業者一族[正確には寿不動産)になるのですが、これをもってサントリー創業者一族が三菱グループの有力メンバーを支配するということは、常識的にはありえません。三菱グルーはそんなことを認めるはずはないでしょう。だとすれば統合交渉にはサントリー創業者一族の影響力を排除することが含まれると考えるのが自然でしょう。 これに佐治、鳥居一族が納得したとするなら、実質的に創業者一族はサントリーをキリンに売却したのと同じことと考えるのは、それほど無理なこととは言えないと思います。」
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realwave.blog70.fc2.com/tb.php/232-713ea534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。