ビジネスのための雑学知ったかぶり
ビジネスでも雑学は重要! 知っていると少しは役に立ったり、薀蓄を自慢できる話題をご紹介
プロフィール

RealWave

Author:RealWave
Twitterアカウントはrealwavebabaです。

馬場正博: 元IT屋で元ビジネスコンサルタント。今は「A Thinker(?)]というより横丁のご隠居さん。大手外資系のコンピューター会社で大規模システムの信頼性設計、技術戦略の策定、未来技術予測などを行う。転じたITソリューションの会社ではコンサルティング業務を中心に活動。コンサルティングで関係した業種、業務は多種多様。規模は零細から超大企業まで。進化論、宇宙論、心理学、IT、経営、歴史、経済と何でも語ります。

ご連絡はrealwaveconsulting@yahoo.co.jpまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お客様カウンター

Since 2009/10/21

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴論?正論? 日韓で核共同開発
Chinanuc2.jpg
建国記念日に行進する中国の核搭載可能なミサイル


中国の核の存在や、北朝鮮の脅威があっても、日本人の核兵器に対するアレルギーは非常に強く、日本が核武装することに賛成する日本人は少数派にとどまっています。しかし、核武装していないことの問題はあります。

この世に核兵器より強力な兵器は存在せず、核武装していない国は核兵器を持つ国に脅迫されると非常に弱い立場に立たざるえません。弱い立場を補うために、非核保有国は核保有国、たとえばアメリカの「核の傘」に入ることになります。つまり核攻撃されたらアメリカが必ず仇をうってくれると期待する(あるいは相手に信じこませる)わけです。

しかし、核の傘が本当に有効かどうかは不明です。むしろアメリカが自国が核攻撃を受けることを覚悟してまで日本の核攻撃に反撃してくれるかは大いに疑問です。少なくともそんなことを明文化した条約など存在しません。

核の傘は冷戦時代の産物です。米ソは世界中で覇権を争っていて、核の傘の提供は陣営のリーダーとして不可欠のものでした。しかし、「対等の日米関係」とはお互いがギブアンドテイクで相互が補完しあう関係です。核の傘の提供は、不必要に自国を危険をさらすという意味で、もはや有効ではないと考えた方が良いでしょう。

核の傘が頼りにならないとなると、ミサイル防衛網で防御することが考えられます。しかし、ミサイル防衛網も守れる地域が限定されています。日本中の都市すべてを守ることは不可能です。もし日本中をミサイル防衛網で覆うこことを考えると費用は天文学的になります。

しかも、ミサイル防衛網で完全にミサイルを防ぎきれるかは疑問です。「弾丸を弾丸で撃ち落とす」と言われるような精度と素早さが必要になり、実践レベルで十分性能が証明されているわけではありません。おまけに、巡航ミサイルのような低高度を飛びレーダーで捕捉できないものは対抗できません。

もし、中国が日本に対し軍事的圧力をかけてきたら核武装している中国に徹底的に対抗するのは困難でしょう。頼りにするのは「核武装していなければ核攻撃されない」という信念しかありません。

世界の現状を見ると実情は反対であるように思えます。「核武装している国は核攻撃されない」あるいは「核武装している国は軍事侵略を受けない」というのが今までの歴史です。北朝鮮が何が何でも核武装をしようとしたのは、過去の歴史からそのような教訓を学んだからです。

核兵器は特別な兵器です。相手が圧倒的な軍事力を持っていても、1発でも核攻撃で反撃できれば、相手は甚大な被害をこうむります。首都を攻撃されたら、指導部が皆殺しになることも考えられます。

軍事バランスの概念は通常兵器と大きく違います。貧弱な核武装でも一定以上の威圧力があります。地球を何度も全滅させるような大量の核兵器を持つ必要は必ずしもありません。

日本国民は唯一の被爆国であるという意識が強く、核武装への抵抗感は相当なものです。しかし、中国が軍事的圧力を強めたり、アメリカの相対的優位が東アジアで大きく揺らぐようになれば、そのような意識も一夜にして変わることもありえます。

実際には、日本が核武装でしようとしても、簡単ではありません。まずNPT(核拡散防止条約)を日本は批准していて核武装を放棄しています。核武装のためには、まずこの条約を廃棄しなければなりません。そんなことをすればアメリカを含む全ての国連常任理事国から強い非難と反対を受けるでしょう。

さらに近隣諸国の反発は極めて強烈なものになると予測されます。中国、北朝鮮が反対するのは当然としても韓国の反対は大変なものになるのは間違いありません。

そのような反対を解決するのが、韓国と日本の共同の核開発です。日本や韓国にとって核開発は技術的にはさして難しくはありません。互いに極めて重要な秘密を相手に与えることなどしなくても核開発はできます。つまり共同開発を行うことは無理なことではありません。

日本と韓国は核の運搬手段ミサイルや潜水艦搭載技術の開発を分担することも可能です。ただ、核運搬技術、トライデント潜水艦の技術などはアメリカに依存することも考えられます。中核技術を提供することでアメリカが一定の影響力を行使することをあえて可能にすることができるからです。

楽観的に考えれば、アメリカは中核技術の提供で日韓の首根っこを押さえていると思うことができ、それだけ日韓の核保有に賛成しやすくなることが考えられます。もしアメリカが技術供与拒否すれば自前で開発すればよいでしょう。日韓の工業技術を結集してできない兵器はありません。

日韓共同の核兵器開発は日韓関係に良い影響を与えるはずです。竹島の問題は残るでしょうが、現状を大きく変更しなければずっと友好的な話し合いができるはずです。少なくとも、日韓の協調路線が確立できれば中国や北朝鮮に対し有効な圧力となります。

もちろん、日韓の緊密化は中国、北朝鮮だけでなくロシアの警戒感も引き起こすでしょう。核武装自身も含め地域の緊張を高めることは確実です。しかし、日本単独で核開発を行うことと比べれば韓国との緊張関係がなくなるわけですから、共同開発の利点は大きいと言えます。

上手い考えではないかとも思うのですが、実現性は低いでしょう。NPTを脱退というイラン、北朝鮮並みの行動をとることは、第二次世界大戦につながった日本の国際連盟脱退を思い起こさせます。

核保有国、なかんずく米露中は既得権の確保やこれ以上の核拡散を防ぐ意味で一体となって反対するでしょう。それに日本も韓国も、そこまでして共同して行動を取るように国論をまとめ上げることは、とても簡単ではありません。

それでも「核武装しなければ相手は核攻撃も通常兵器の攻撃もせず、軍事的圧力を加えることもない」と考えるのは、あまりにナイーブというものでしょう。核武装ができないのなら、それに代わる防衛体制を確立する必要があるのは確かなのです。

日本の置かれた東アジアは、第一次世界大戦のヨーロッパに似ています。当時のヨーロッパはイギリスの力が弱まる中で、19世紀に統一を成し遂げたドイツが急速に力を増し力のバランスが崩れようとしていました。現在の日本と中国の関係をイギリスとドイツに置き換えて考えることも可能です。

核兵器は悪魔の兵器かもしれませんが、戦争を抑止する力は長い冷戦時代に証明済みです。カシミールをめぐって軍事衝突を繰り返したインドとパキスタンも核武装して以来、軍事衝突は大幅に減少し、しかも抑制的になりました。中国の軍事的伸張を見ると何らかの抑止力が必要なことは自明と思われます。

核武装を考えることは楽しい話ではありません。構造的には核保有国同士の対峙は本質的はチキンゲームで、正面を向いて相手の車に疾走する車に乗り込むのと同じです。相手がきっとブレーキを踏んでくれると期待しない限り、こんなゲームをすることは狂気の沙汰です。

しかし、「そんなの考えたくない」と言ってばかりもいられないでしょう。軍事力しか信じない連中に「私は核を持たない根っからの善人です」と言っても聞いてもらえる見込みはあまりありません。平和な正月ですが、少しは物騒なことも考えても良いのではないでしょうか。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

原発があちこちにある状況でそこを攻撃すれば近い効果があるのだから、それがおこらないようにするのが正論だとおもいます。オバマさんの軍縮路線に反対なのですか?
【2011/01/08 14:35】 URL | 匿名 #- [ 編集]

こんなゲームをすることは狂気の沙汰
「こんなゲームをすることは狂気の沙汰」という、まったく正しい判断を持ちながら、どうしてそれに乗る必要があるのでしょうか?軍事のリアリズムを凝視しながら、狂気の沙汰から降りる方法を模索することこそ必要なのだと思います。
【2011/02/05 04:32】 URL | tu-ta #8iCOsRG2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realwave.blog70.fc2.com/tb.php/280-66734c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。