ビジネスのための雑学知ったかぶり
ビジネスでも雑学は重要! 知っていると少しは役に立ったり、薀蓄を自慢できる話題をご紹介
プロフィール

RealWave

Author:RealWave
Twitterアカウントはrealwavebabaです。

馬場正博: 元IT屋で元ビジネスコンサルタント。今は「A Thinker(?)]というより横丁のご隠居さん。大手外資系のコンピューター会社で大規模システムの信頼性設計、技術戦略の策定、未来技術予測などを行う。転じたITソリューションの会社ではコンサルティング業務を中心に活動。コンサルティングで関係した業種、業務は多種多様。規模は零細から超大企業まで。進化論、宇宙論、心理学、IT、経営、歴史、経済と何でも語ります。

ご連絡はrealwaveconsulting@yahoo.co.jpまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お客様カウンター

Since 2009/10/21

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌で死ぬのはそれほど悪くない
あまり縁起の良い話ではありませんが、年末から年始にかけて知人と親戚に亡くなる人がいて、どちらも葬儀への参列から焼き場まで行くことになりました。

亡くなった知人は70前の男性。1年ほど前に癌を宣告され手術も出来ないまま抗癌剤の治療を続けましたが、昨年末から急に病状が進行して年を越すことができませんでした。

もう一人は従兄の妻で、年はまだ58。年末年始を海外で過ごそうと旅行に行った旅先での脳出血でした。最初は頭が痛いと訴え入院し、鎮痛剤で眠りについたまま1週間足らずでこん睡状態のまま亡くなりました。

どちらも平均寿命よりは大分若く、遺族の嘆きは傍目にも大変深いことが良くわかりました。しかし、たまたま身近に見た二つの死を比べると、同じ死なら癌もそれほど悪くないのかもしれないと思うようになりました。

癌が恐ろしい病気だということは誰もが思っていることです。日本人は3人に1人は癌で死ぬのですが、一部の癌を除けば完全な治療法はありません。抗癌剤や放射線治療の進歩は目覚ましいものがありますが、転移癌や進行性の癌を克服することは非常に難しいままです。

癌だと教えられることは死の宣告にも等しいとして、少し前までは癌患者に癌と伝えるのはむしろ例外的でした。山崎豊子の小説「白い巨塔」では、主人公の消化器外科の権威の大学教授が専門の胃癌になっていることを周りが知らせず、本人も死の直前まで本当の病名を知らないままでした。

今では、患者に医療行為の目的や内容を出来るだけ伝える、インフォームドコンセントの流れの中で癌の告知は当たり前になりました。癌と知らされなかったことで適切な対応ができなかったという訴訟の影響もあるでしょう(医療訴訟については「医療訴訟が医療崩壊を招く」をご参照ください)。

インフォームドコンセントであろうと何であろうと、自分が癌だと知ることは大変なショックであることは間違いありません。まして、有効な治療法もなく余命が何カ月と告げられるくらいなら騙されていた方が良いと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、そのような本人や家族の気持ちをひとまず横に置いて考えると、癌で死ぬことは他の死より良い点がいくつもあることに気付きます。

癌患者は比較的最後まで意識がしっかりしています。これは最後まで死と向き合わなければならないことを意味しますが、アルツハイマーのように何年にも渡って徐々に病状が進行して次第に家族の顔も名前も判らなくなるようなことはありません。「自分のままで死んでいける」と言い換えても良いでしょう。

これは財産の分配や片づけなければならないことを自分の意志で処理できることを意味しています。自分の死んだ後のことを自分の責任と判断で行うことができるということです。

癌が進行すると次第に体力は奪われていきますが、比較的最後まで自分の力で身の回りのことを行うことはできます。介助がなければトイレにも行けなくなることは、そう多くはありません。

幸い、癌に伴う痛みを抑える技術はずいぶん進歩しています。痛みで地獄の苦しみのまま死ななければならないことは稀になってきています。末期癌の患者を受け入れるホスピスも、患者の入院期間が平均2月という短さのためもあって、入院はそれほど難しくありません。

癌の新薬の認可や保険適用が遅れ、高価な治療を自費で行わなければならないこともありますが、癌治療は保険でカバーされるものが多く、高価な治療を延々と続けるようなことは(苦しい割り切りをしなければいけないとしても)必ずしも必要ありません。

癌で長患いをしたり、再発、手術を繰り返す人も多いのでこのような言い方は誤解を招きそうですが、癌の発見から1,2年程度で亡くなる患者の場合は癌があまり有効な手立てもなく、症状の緩和程度しかやることがないということが、経済的負担を随分と軽くしています。

癌は慢性病と違って比較的短い罹病期間のため経済的な負担や、看病の重荷が相対的に小さくなるだけでなく、脳出血、心筋梗塞のような血管系の突然死を引き起こすようなものと違って、家族がそれなりの覚悟をして死に臨む時間的余裕も与えてくれます。もちろん、その時間は「地獄のよう」と言う人がいるようにつらいものですが、突然死される遺族の無念さは少ないでしょう。

癌治療では死ぬか治るかの二つしかなく、体に麻痺が残って半身不随になるようなことは滅多にありません。このような言い方は非難されるかもしれませんが、「治らなければ死ぬだけ」で中間的な状態はないのです。

人間はいつか必ず死にます。残念ながら私たちが死に方を選ぶことは殆どできません。進行する認知症で人格を失いながら死んでいく、何の準備もなく事故や突然死を迎えてしまう。なすすべもなく不自由な状態で余生を過ごさなければならない。そうはなりたくないと思う人は多いはずです。

健康な老後を過ごす中で、ある日陽だまりの中で眠るように死んでいく、そんなに都合よくいかないのなら、癌はそれほど恐ろしくも悲惨でもない病気です。もちろん、そんなことを言っているのは自分が癌だと言われていないからです。しかし、それまでは頭の中では「癌で死ぬのはそれほど悪くない」と思うことにしています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

私は父をクモ膜下出血(発症して12時間で死去)、母を転移乳癌(判明してから8ヶ月で死去)で亡くし、その後祖父は認知症(判明してから6年後に死去。最後の2年余りは祖母と私が地獄の苦しみだった)で亡くしました。
祖母は祖父の後を追うようにして、まるで立木が枯れるが如く静かに死を迎えました。
そんな経験がありますので仰ることが実によくわかります。
私は70くらいで癌がわかったら放置して、先に身の始末をつけてから死にたいと思っています。認知症になるのだけは御免蒙りたい。わかった時点でまだ正常さが残っているならば自裁することでしょう。
生き長らえることばかり考えるのではなく、死を前提とした生き方を考えたいと思います。
葉隠にある「武士道とは死ぬことに見つけたり」というのもその意味かと思います。
【2011/05/19 14:37】 URL | 朝田貴博 #4JcWZNxE [ 編集]


 いいねえ。頭の中の妄想は。

自分は45歳。妻子供小さいのが2人。直腸がんで第3ステージ、リンパ転移。5年後生存率50%。現在半年間の抗がん剤治療中。

 こういう、年齢的に若い人ががんになる状況を知っていて「癌で死ぬのは幸せ」というのか?

 自分の主観でしか物事を見れない人の、駄文。他者のことを考えられない。ブログ止めて欲しい。
【2011/05/21 08:08】 URL | 匿名 #- [ 編集]


ブログ主は「死ぬのが幸せ」とは一言も言っていない。年齢等の他が同じ条件ならば死に方としては癌はアルツハイマーや急死などに比べればマシだということを言っているだけ。非常に開明的な視点である。ブログ主は死というものを軽々しく見ているわけではないことは明らかだ。ブログ主がブログをやめる筋合いは一切ない。読者は彼の主張がどうしても気に入らなければ読まなければいいだけのこと。彼が他人からブログをやめろだなどと言われる筋合いはない。甘えるな。死期が近いからといっても君は王様ではないのだ。誰もが死ぬのだ。死を目前にして卑屈な精神に堕ちるな。それは君自身のためにならない。残りの人生を積極的に生きろ。
【2011/05/26 09:04】 URL | 匿名氏へ #zs2lwe2w [ 編集]


私は43歳、乳がん(ステージ3)闘病中です。
自分自身が癌患者になってわかったことが2つあります。
①日本人の半分は癌になる
②日本人は癌に関しての知識が浅い
貴ブログでもご指摘されていますが、最近のデータでは2人に一人が癌になっているらしいです。しかし早期発見されれば治癒します。『癌=死』というイメージが選考して、国民のヤマイと言われているわりに検診率が低いです。社会復帰した癌サバイバーも元気になってからも風評被害にあうことを恐れ癌から生還したことを隠していますから、死のイメージは社会において払拭できていません。義務教育の中で癌検診の重要性を国民に伝えた方がいいと思います。周囲に癌の方がいらしたら、死への覚悟よりも癌検診を定期的に受信されることを強くお勧めします。
【2011/05/26 11:11】 URL | dubian #- [ 編集]

私もそうに思いたいです
父が65歳で、去年亡くなりました。
病院で診てもらった時には既に末期癌で、二年半の闘病でした。

はじめの頃は、頑張って1日でも長生きして欲しいと言う思いしかありませんでしたが…
最期の1ヶ月は、腹水・黄疸・むくみ・酷い下痢や便秘…
痩せてきた父を見てもう頑張らせたくないと思いました。

父にとって、この二年半は精神的にも辛かったと思います。
でも、癌でなければこれほど親に寄り添うことも無かったし、
少しの親孝行も出来ないままだったら…今以上の後悔ですよね。
【2012/08/19 03:51】 URL | まま #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realwave.blog70.fc2.com/tb.php/283-c8afa586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。