ビジネスのための雑学知ったかぶり
ビジネスでも雑学は重要! 知っていると少しは役に立ったり、薀蓄を自慢できる話題をご紹介
プロフィール

RealWave

Author:RealWave
Twitterアカウントはrealwavebabaです。

馬場正博: 元IT屋で元ビジネスコンサルタント。今は「A Thinker(?)]というより横丁のご隠居さん。大手外資系のコンピューター会社で大規模システムの信頼性設計、技術戦略の策定、未来技術予測などを行う。転じたITソリューションの会社ではコンサルティング業務を中心に活動。コンサルティングで関係した業種、業務は多種多様。規模は零細から超大企業まで。進化論、宇宙論、心理学、IT、経営、歴史、経済と何でも語ります。

ご連絡はrealwaveconsulting@yahoo.co.jpまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お客様カウンター

Since 2009/10/21

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有人火星旅行という時代錯誤
オバマ大統領は2030年代半ばを目標として有人火星旅行を行うと発表しています。1969年人類が初めて月面に着陸してから40年以上、最後の有人月探査ロケットアポロ17号が打ち上げられたのは1972年です。現在にいたるまで有人宇宙飛行は地上から数百キロの高度の衛星軌道に限られています。

宇宙飛行は夢をかきたてるプロジェクトです。映画「2001年宇宙の旅」が公開されたのは人類の月面着陸の前年の1968年でした。映画では人類以外の知性の確認のために木星へと宇宙船が旅立ちます。1968年頃は2001年の木星旅行は夢物語ではなく、妥当な未来予測に思えました。

40年以上も前に月に人間を送り込んだ人類が、その後惑星へと足を伸ばすことができなかったのは一重に人間というひ弱な生物体を宇宙の遠くへ運ぶことが難しいからです。太陽の巨大な引力が支配する太陽系の中で、火星と地球を往復するには二つの惑星の軌道が最適なタイミングを選んでも2年以上かかります。

2年以上宇宙飛行士の生命を維持するための食糧や生活物資は膨大な量になります。有人宇宙飛行とは人間と人間が必要とする物資を遠くに運ぶことに資源の大半を消費するということです。

たとえ大量の物資を運べてもそれだけでは十分とは言えません。2年以上ごく狭い空間で人間が暮らすストレスは大変なものです。衛星での長期間の生活で人間関係が極端に悪化した例が報告されています。

精神的な問題は非常に厄介ですが、肉体的問題が簡単なわけではありません。無重力での生活は筋力、骨量の減少を招きますし、手術が必要な病気を発病しても治療は限定的なことしかできません。

それほどの犠牲をはらって人間を火星や他の天体に送り込んでも、大きな成果が期待できるわけではありません。輸送できる物資の制限から広範囲の探査は困難ですし、岩石など鉱物標本も大量に持ち帰るわけにもいきません。

国際宇宙ステーションには「きぼう」と名付けられた日本の実験棟があります。この中でどんな実験をするか一般募集が行われましたが、結果はそれほど「目からうろこが落ちる」ような案は出なかったようです。

これは当然です。無重力下でどのような現象が起きるか興味深いことはありますが、必ずしも有人の実験棟である必要はありません。無重力であれば物質が非常に均一に撹拌できることで製造が容易になる物質もありますが、高いコストを押してまで無重力空間が有効な生産物はなかなかありそうにありません。

有人宇宙旅行は「有人」ということに資源の大半を使い、その価値も人間がそこに行けたということが大部分、恐らく全てなのです。科学的成果という点では、非常に高度な自動操縦や遠隔操作の装置があれば、人間とそれほど変わらない結果が得られるはずです。

有人であることは人間を送り込むということだけに資源の大半を使用するだけでなく、信頼性を高めるために莫大な費用がかかります。無人であれば100回に一回の打ち上げ失敗は単純に考えればコストを1%かさ上げするだけです。しかし、有人飛行で100回に1回の失敗は許されないでしょう(実際にはスペースシャトルの信頼性はこの程度だった「山崎直子さんの遺書」参照)

つまり有人宇宙旅行は資源の大部分を人間の輸送に費やし、しかも信頼性のためにさらに高いコストを必要とします。それでも太陽系の他の惑星や太陽系外に人間を送り込むことができれば最初のステップとしての意味はあるかもしれません。

しかし、火星以外の天体に人間を送るのは全く不可能でしょう。金星や水星は熱すぎますし、太陽の引力を逃れて地球に戻る宇宙船を作るのは困難でしょう。火星の外側の木星に探査船ガリレオが到達するために重力を利用したスウィングバイという高度なテクニックをつかって6年かかっています。今のところ戻る方法はありません。

まして、太陽系外の探査となると光速でも何年もかかります。現在の技術でできるロケットなら隣の恒星系に行くだけで何百万年もかかるでしょう。

「2001年宇宙の旅」では宇宙飛行士の大半は人工冬眠によってエネルギーを消費を最小限に抑えて木星までいくという設定でしたが、そのような人工冬眠の技術はまだありません。何百万年も旅行するとなると、人間そのものではなく幹細胞やDNA情報だけを送って、到達先で人間を作るような方法しかないでしょう。

これはキノコが胞子を飛ばすようなやり方ですが、それははたして「有人宇宙飛行」と呼べるのでしょうか。そもそもそんなことをする意味はあるのでしょうか。有人火星旅行は科学的成果はほとんど期待できません。同じ費用を投じるなら、自動機械の開発に使った方が応用分野という点でもより役に立つでしょう。

人類は広大な宇宙を飛び回るほどの進化はまだ遂げていません。物理法則が変わらない以上、将来人類文明がどれほど進歩しても隣の恒星系に人間を繰りこむことは永久に不可能でしょう。それならば火星旅行だって諦めても良いのではないでしょうか。少し寂しいですがこれが現実というものです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

初めまして。ブログ拝見しました。
ことし還暦の60歳1人暮らしです。
ボケ防止にパソコンを購入遊び程度に弄くっていましたが、
迷惑メールに入るネットワークビジネスの言葉に騙されていつの間にか7.8サイトは手を出してしまいました。勿論一度も稼げた事は無く、営業は餅屋ですから何人かは紹介も出せますが、子供が動かない人ばかりで結局は赤字続きです。
月5万も稼げないもどかしさで嫌に成ります。
本当に稼げている人は?とも思います。
勉強あるのみと思っています。参考にさせて頂きます。
【2011/10/08 15:11】 URL | dandy2 #- [ 編集]

火星有人飛行の可能性
楽しく拝見させて頂きました。
おおよそ楽観的なSF作家でも物理法則が変わらない限り(超光速飛行が不可能であるという相対性理論を覆す理論が出来ない限り)人間が行ける距離の限界は木星か土星程度だという事は同音異語に語っているようです。で、実際に映画「2001年」のように人類が木星に行ったからって何ができるでしょうか?せいぜい木星軌道周辺で木星を眺めて大きな衛星のいくつかに探査機を下ろして地質調査をするくらいでしょう。ガス惑星の木星には降りようとしても着陸できる地面が無いんですから。
最近、有人火星旅行を地上実験でシミュレートするマーズ500という計画が成功しましたが、1年半もの間、補給も無しに人間がロケットに乗り続けるには膨大な物資が必要でわずか数人の飛行士のためにタンカーのように巨大な宇宙船が必要で技術的には可能でも経済上、道義上許されないでしょう。ただし、上述の仮定は現在の化学ロケットの推進力を前提に計算されたもので、原子力ロケット(すでに試作はされている)を用いれば化学ロケットで1年半かかる火星の旅も2~4週間程度で可能になります。そうなればロケットの大きさも積み込む物資の量もかなりダウンサイジングができます。できますが、これは宇宙空間での核実験を禁止した条約があるので技術的に可能でも世論的に許されないですね。
【2011/11/07 22:12】 URL | 某SFファン #/aTyA0wM [ 編集]


むずかしいですねー
でも大統領はしってます。
ひとびとはりょこうがすきですねー
とーくにいきたいのもしってますよ~
ひろいとこでうさぎとネコとあそべたらしあわせなんでしょうな
地球は火星とどっちがすきですかー
火星にもかわいうさぎがいるのならどっちでもいーかなー
【2011/12/12 06:29】 URL | 匿名 #- [ 編集]


有人宇宙飛行は科学的あるいは経済的な意味は殆ど無く、あるとすれば政治的あるいは文化的意味だけです。このことは例えば『宇宙をかき乱すべきか ダイソン自伝』に書いてあったと記憶しております(この本を出すと、コメント主の年齢が推定できますが)。

この問題につきましては6月頃に私のブログでも2回とりあげました:
  http://blog.livedoor.jp/kamokaneyoshi/archives/52338372.html
  http://blog.livedoor.jp/kamokaneyoshi/archives/52342407.html

今回の記事は有人宇宙飛行批判について多くの人達に対して説得力のある良い論説だと思います。
【2011/12/25 13:17】 URL | kamokaneyoshi #- [ 編集]

宇宙開発の今後
明治時代、ウイスキーの氷が欲しければ、大船団を得てして知床の流氷を溶けるに任せて引張って来たと言います。相当なお金持ちだけがそんな贅沢を出来た時代でした。現在の化学ロケットで火星まで行くのは正にそれと同じであると言う話も聞きます。正にその通りです。本当を言うと、43年前にアームストロング氏が月に行った時も同じだったのです。正直なことを言えば “金” と暇と手間を掛け、我慢が出来れば火星くらいは行けるでしょう。だけど、そうでなければ人類が月へ到着するのは21世紀後半だった筈です。それを100年も早く成し遂げてしまったのです。勿論、膨大な金と手間を投入したのは言うまでもありません。何故あの時代にそうしたのでしょうか?何故、そんな無茶を世論は許したのでしょうか?答えは簡単です。皆殺しにされる前に “しめし” を(アメリカはソ連に対し)つけたかったのです。故にアメリカは核戦略競争に勝利し、やがてソ連は消滅しました。残念ながら現在でも、時の情勢によって宇宙開発の有り方は左右されます。中国の太平洋進出が顕著な昨今、架の国は月面有人開発に加え火星有人探査も視野に宇宙開発を進めています。アメリカとしてはいやおうなしに火星有人探査に走らざるを得ません。しかも、既に宇宙開発を税金では賄えなくなっている現状、NASAはITバブル期に勃興した幾多の宇宙ベンチャーに利潤追求をさせながら今後の宇宙開発を担わせるべく師弟の如く企業のケツを叩いてそのテクノロジーを伝授している最中です。やがては民間企業所属の宇宙飛行士も輩出されるでしょう。
青年の理想論で言えば、おっしゃれる通り、経済性を考えれば人類はそれなりの充分な社会的文化的技術的水準に到達し、より成熟した文明の下に、より成熟した高度な精神性を備えた暁に、正に後、300年後位に火星へ、500年後位には木星圏へ、凡そ3000年位で太陽系全域へ進出するべきでしょうが、それならばわざわざ “宇宙開発” などという言葉も使う必要はなくなるでしょう。足元迫られて無理してやっているからこそ開発なのです。
ただ、グローバル化した現在、日本が生延びる道としてはロボット技術は相当に有力です。つまり、宇宙開発において人が踏込めない危険な領域などへ投入するロボット開発において日本は国際的な競争力を有しています。
現在では夏の氷は冷蔵庫で得られます。つまり、その冷蔵庫を手に入れてしまえば・・・大胆な推定では少なくとも太陽系を約4ヶ月で横断できるシステムの開発も進んでいる話も聞きます。ただ、それには現代のエネルギー問題をも一挙に解決できるほどの新たな膨大なエネルギー源の開発が必要とされています。その鍵は「大嫌いな核融合に秘められている気がします。
【2012/09/08 13:00】 URL | keith #- [ 編集]

火星有人宇宙旅行。
謹啓 火星有人宇宙旅行。 人類は 火星に 永住できるはずです。 水も あるし 温泉もあるそうですよ。 オリンパス山の 雪どけ 水を 飲んで 生活できるはずです。 月などより 地球に 似た 環境です。 同じ 惑星兄弟ですよ。なにしろ。 地球は 100年すれば 人口 問題 食糧問題 農業問題で 生きずまり。月 火星に 移住して 暮らすことを 人類は 選択肢を 選んでいるはずです。太陽も 膨張して 水星 金星は 飲み込まれ、 しっぜん的に 火星に 住まなければ成らないのです。 火星を テラホ-ミング。して永住的に 生活できる環境を 整えられます。小沢一郎議員は ゃ良く 御存知です。前々に メールを 戴きました。 アメリカ 首脳陣が 冷戦時代に 大統領 首脳を NASAで 月 火星に 永住する 計画が TV。NEWSで 発表された ことも あります。 なにしろ 人類は 火星に月などに 永住することは 人類の 将来の為に しっぜん的にしっよう 条件などになっております。 地球は 人類の 発祥地です。火星 月などに移住して 第2回の 惑星兄弟の 生活を 将来的に 構築して 最も 偉大な 人類の歴史を 宇宙に 慶成すべきですね。 そうすれば 人類の MY WAYは おのずと 開かれますね。 NASA JAXA EUS ETC。は 協賛のはずですね。以上。 惑星兄弟より、よろしくお願いします。2014。05。29日19:37時
【2014/05/29 19:19】 URL | ヘルナンダ たけむら #dx4zZahs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realwave.blog70.fc2.com/tb.php/305-16f842c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。