ビジネスのための雑学知ったかぶり
ビジネスでも雑学は重要! 知っていると少しは役に立ったり、薀蓄を自慢できる話題をご紹介
プロフィール

RealWave

Author:RealWave
Twitterアカウントはrealwavebabaです。

馬場正博: 元IT屋で元ビジネスコンサルタント。今は「A Thinker(?)]というより横丁のご隠居さん。大手外資系のコンピューター会社で大規模システムの信頼性設計、技術戦略の策定、未来技術予測などを行う。転じたITソリューションの会社ではコンサルティング業務を中心に活動。コンサルティングで関係した業種、業務は多種多様。規模は零細から超大企業まで。進化論、宇宙論、心理学、IT、経営、歴史、経済と何でも語ります。

ご連絡はrealwaveconsulting@yahoo.co.jpまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お客様カウンター

Since 2009/10/21

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ人は東電社員の懺悔を求めるのか
巷では「東電社員がボーナスをもらうのはけしからん」、「東電社員は福島で除染作業をしろ」果ては「社員全員で汚染水を飲み干せよ!」という声まで聞こえてきます。

巷だけではありません、福島第一原子力発電所の事故当時、菅首相は「東電の撤退はあり得ない。撤退すれば東電は100%潰れる」と東電社長を怒鳴りつけたと伝えられています。

これは無茶な話です。原発で働く労働者は厳密に被曝線量を測定され、積算被曝線量が一定レベルを超えるとそれ以上働いてはいけません。まして、原発が本当に危険な状態にあれば、死ぬのを覚悟でその場に留まることを命令することは誰にもできません。

死の危険があっても職務を実行しなければならないのは、警察官、自衛官くらいです。従業員は給料で雇われていますが、退職してしまえば会社の命令に従う必要はありません。

菅首相は東電社員も東電という企業と同じものと考えていたのは間違いありません。東電が潰れる、つまり企業として死ぬのが嫌なら、命など惜しむなと言ったのです。

「東電社員に賞与を払うなどとんでもない」というのも、それと似ています。もちろん会社の業績が悪い時には賞与は支払われませんし、本当に倒産しそうな場合は年金の削減や解雇もあり得ます。しかし、賞与を出すな、と言っている人達は必ずしもそのような経済合理性でクレームをしているわけではありません。

むしろ「このような大事故を起こして、その社員が高給をもらいボーナスまで支払われるのは道徳的に許されないと考えているようなのです。どうしてこんな意見が出てくるのでしょうか。

この理由を考える上で、参考になる記事があります。橘玲氏のブログ記事「“無責任社会”は無限責任から生まれた」です。

橘氏は、日本社会の本質は「ムラ社会」でありムラ社会では常に全員一致で物事が決定されるため誰も責任を取らされることがない、敗戦に対する一億総懺悔は責任を分散することで責任を薄めてしまったものに他ならない、と指摘します。

同時に橘氏はムラ社会的な体質は責任と権限を明確にすることを必要とする企業のガバナンス維持には向いておらず、そのため「日本の組織では、このガバナンスがおうおうにして失われてしまいます」と述べています。

しかし、無責任体制を作りだす日本のムラ社会の文化では「たまたまある特定の人物が責任を問われると、家族や関係者までもが無限責任を負わされることに」なると橘氏は主張します。

橘氏はこのことに最初に気がついたのは政治学者の丸山正男だと断った上で、丸山があげた「大正12年に起きた皇太子(後の昭和天皇)狙撃事件後に、内閣が総辞職し、警視総監から警護にあたった末端の警官までが懲戒免官となったばかりか、狙撃犯の郷里が全村をあげて「喪」に服し、彼が卒業した小学校の校長や担任の教師が辞職した例」を紹介しています。

東電の社員自身も東電という大きなムラ社会の住民だという意識があるのでしょう。その意識が事故の時の勇敢で献身的な現場社員の活動の元になったことは間違いありません。しかし、同時に事故後東電の経営の責任のたらい回し、と言うより無責任体制としか思えない対応ぶりの理由でもあるのでしょう。

東電社員も東電社員の賞与はけしからんと怒る人々も、同じムラ社会の文化を共有している。原発事故はそんな事実も見せてくれているようです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realwave.blog70.fc2.com/tb.php/308-c5384373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。