ビジネスのための雑学知ったかぶり
ビジネスでも雑学は重要! 知っていると少しは役に立ったり、薀蓄を自慢できる話題をご紹介
プロフィール

RealWave

Author:RealWave
Twitterアカウントはrealwavebabaです。

馬場正博: 元IT屋で元ビジネスコンサルタント。今は「A Thinker(?)]というより横丁のご隠居さん。大手外資系のコンピューター会社で大規模システムの信頼性設計、技術戦略の策定、未来技術予測などを行う。転じたITソリューションの会社ではコンサルティング業務を中心に活動。コンサルティングで関係した業種、業務は多種多様。規模は零細から超大企業まで。進化論、宇宙論、心理学、IT、経営、歴史、経済と何でも語ります。

ご連絡はrealwaveconsulting@yahoo.co.jpまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お客様カウンター

Since 2009/10/21

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背広を脱いだ男について
最近あまり背広を着る機会がなくなりました。「あまり」というのはかなり過大な表現で、実際にはネクタイを締めるのは冠婚葬祭くらいになってきました。ネクタイを締めないだけでなく、背広は着なくても上着だけ、いわゆるジャケットは着ないこともないのですが、いつもと言う訳ではありません。
Man.jpeg


そのような生活をするようになると、途端に困るのは財布その他の細々した品物です。最近はタバコとライターを持ち歩く人は減ってきましたが、携帯電話というそれ以上にかさばる物が必携品となってしまいました。

塩野七生は膨らんだ上着に財布やら何やらを入れることで男の神秘性と魅力が増すということを言っていたことがあります。上着に何も入れないのはお洒落の一つなのですが、塩野七生からみれば、そんなものは薄っぺらい中身と調和するものなのだそうです。

確かに女性のハンドバッグの中は男から見れば神秘的と言えないことはないのですが、だからと言ってバカでかいハンドバックを持ち歩いけば、女性の魅力が増すと感じる男は少ないでしょう。ポケットを膨らませた上着を着る男の方が魅力がある、という塩野七生の意見は多くの女性に共有されているのでしょうか。

それはともかく、上着がないと何か代わりの物がないと困るのは間違いありません。男性でもクラッチバッグという小型のハンドバッグはありますが、これが案外悩ましい。年を取ってあまり貧弱な物を持つのも考えものですが、ブランドロゴを散りばめたり、倉庫の戸締りにでも使えそうな頑丈な留め金を使った物も、バブル紳士の生き残りのようでよろしくない。

問題を深刻化(?)させたのは、背広を着なくなると同時にビジネスバッグというものも持たなくなったことです。ビジネスバッグには書類だけでなく、ノートブックPCを入れるのが最近は普通ですが、ノートブックPCがビジネスマンの必需品になってから、種類も増えて機能性の高いものも沢山出てきました。上着もないビジネスバッグもないとなると、男は丸裸みたいな状態になってしまいます。

学生や若い世代で背広を着ることがあまりない仕事をしている人には、リュックや少しお洒落だとカジュアルなトートバッグを持ったりしているようです。しかし、どちらも年かさの男にはあまり似合いそうもありません(人にもよるでしょうが)。

問題はバッグだけではありません。財布自身も簡単ではありません。原因はもちろん大量のカードです。免許証、保険証もカードと同じサイズになったのはよいのですが、うっかりするとカードの枚数は際限なく増えてしまいます。コンビニやデパートのカードなら割り切って、ポイントを諦めてしまえば持たなくてよいのですが、病院の診察券などはそうもいきません。年齢とともに行きつけの病院が増えると、カードの枚数を10枚以下にするのは至難の業になります。

カードの枚数が増えるので、財布の大型化は進んでいます。今や塩野七生が何を言おうと財布は上着のポケットに収まらなくなってきているのです。そこで財布と携帯くらいは入る「上着替わり」の財布があっても良いのではないか、いやそのようなものはあるだろう。こう考えて色々と調べてみることにしました。

結果、ダンヒルのダブルジップトラ ベルコンパニオンという財布があることがわかりました。財布と言っても、カードが20枚以上も入り、スマートフォンまで収容可能というものです。これなら財布としてだけでなく、上着の代わりができそうです。値段はかなりするのですが、ネットで安く買うこともできるし、何と言っても背広の上着代わりだと思えば、それほどでもない。デザインも昔の威圧的な止め具を付けたクラッチバッグと違って、比較的シンプルです。

dun012-2.jpg


ということで、かなりの出費と引き換えに買い求めることにしました。携帯はiPhoneがぴったり入り(それまで使っていた別のスマホは、これを機会に取変えました)、カードは20枚近く収まる。これはいいぞ、と思ったのですが、実はそうでもありません。まず当然ですが重く、そしてかさばる。しかし、そんなにかさばっても鍵束が入らないことが買ってから判りました。当り前ですが、ハンカチやティッシュのようなものを入れるのも不可能です。

つまり、かなりの出費をした挙句、問題は根本的には何も解決していないのです。やはり何かバッグが必要だ。ということで、今後はツミの肩からかけるタイプのバッグ(メッセンジャーバッグと言うらしいのですが)を、買うことにしました。

Tumi.jpg

しかし、これも中途半端なのですね。上着の代わりにハンカチや鍵束を入れることはできても、上着とはとても調和しないデザインです。肩からかけるのは持ち運びには便利ですが、銀座あたりを歩くと中国人観光客といった趣になります。正直あまりスタイリッシュではありません。

おまけに、最初に買ったダンヒルの巨大な財布がぎりぎりにしか入らず(入っただけよかったのですが)、入れるのも出すのもひどく面倒です。実はダンヒルの財布は弱点があって、小銭の出し入れあまりスムーズにいかない。つまり、コンビニで飲み物を買って小銭を取り出したりするのは、かなりの作業になってしまいます。上着から小銭入れを取り出して、勘定をすませるの比べれば三倍くらいの時間がかかります。

かくして、背広を脱いだ男は、かなりダサい感じでバッグを肩からかけ、バカでかい財布を窮屈げに取り出し、やっとの思いで小銭を支払う、という状態になりました。邪魔なだけと思えた背広姿は、それと比べれば何とスマートで無駄がないことか。やはり男はポケットを膨らませた上着を着ていなければいけない。たとえ魅力などなくても、それが男には一番ふさわしいのかもしれません。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
これがお勧めです。
 これに近いコンセプトの商品は st-dupon にあったのですが、廃番に成りました。今秋 Ferragamo から似た物が出ますが、価格と品質のバランスからは、http://boutique.boq.jp/atestoni/bu8044.htm がお勧めです。
【2012/08/06 19:33】 URL | 桃栗 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realwave.blog70.fc2.com/tb.php/331-f8458165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/12/08 03:02】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。